ほうれい線のケアに最適な美容液をお探しの方に、おすすめの美容液をご紹介しています。ほうれい線対策に欠かせない成分が何なのかをしっかりと分析し、その成分が配合されているものを厳選しました。本格的なケアを始めたい方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ほうれい線に効く美容液の特徴とは?

ほうれい線対策に最適な美容液の選び方
肌のコラーゲン量をアップしてくれるもの
肌のコラーゲン量が減少してくるとほうれい線は目立ってきます。ですから、肌のコラーゲン量を増やしてくれる成分が配合されている美容液を選ぶことで、万全の対策ができます。まずは、コラーゲンを増やしてくれるかどうかを確認しましょう。
コラーゲンの減少を食い止めてくれるもの
コラーゲンの量を増やしても、減少する量が変わらなければ、なかなか肌のコラーゲンは増えてきません。やはり、減少するスピードを抑えることがポイントとなってきます。ですから、コラーゲンへのダメージを軽減してくれる成分が配合されているものを選ぶということが重要となります。
角質層の潤いをキープしてくれるもの
角質層の水分が不足すると、小じわができてしまうので、ほうれい線を目立たせる原因となってしまいます。小じわを作らせないためにも、角質層の保湿を長時間キープしてくれるものを選ぶということがポイントとなります。

ほうれい線に効く美容液ランキング

アヤナス
肌のコラーゲン量をしっかりとアップしてくれる「CVアルギネート」を配合した美容液です。さらに、コラーゲンを作る真皮細胞に栄養を届けてくれる「Gヘスペリジン」を配合しているので、コラーゲン量アップへの相乗効果が期待できます。肌のバリア機能を高める「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、コラーゲンへのダメージを軽減することもできます。さらに、角質層を保湿してくれる「アミノコンプレックス」をたっぷりと配合されています。
コラーゲン量アップ:◎ コラーゲン防御:◎ 角質層保湿:◎
アスタリフト
分子の大きい「水溶性コラーゲン」、ナノ化して浸透性を高めた「浸透性コラーゲン」、さらにナノ化を重ね深層部まで浸透する「ピココラーゲン」という3つのコラーゲンを配合し、コラーゲンを補給できる美容液です。また角質層を長時間保湿してくれる「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しているので、肌を乾燥させません。
コラーゲン量アップ:◎ コラーゲン防御:○ 角質層保湿:◎
ラグジュアリー・デ・エイジ
「GF(成長因子)」「植物幹細胞アルガンセルエキス」「セルフメンテナンスペプチド」という3つの成分で肌のコラーゲン量を増やしてくれる美容液です。真皮に働きかけて細胞を活性化し、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。皮膚科医が開発したというところがポイントとなっています。
コラーゲン量アップ:◎ コラーゲン防御:○ 角質層保湿:○
ビーグレン
コラーゲンの生成をサポートしてくれる「ピュアビタミンC」を配合した美容液です。7.5%という高濃度で配合されています。しかも、独自の浸透テクノロジーによって浸透力を高めているので、しっかりと浸透してくれるところが魅力となっています。
コラーゲン量アップ:○ コラーゲン防御:○ 角質層保湿:○
米肌
肌のバリア機能を高めてくれるセラミドの生成をサポートする「ライスパワーエキスNo.11」を配合した美容液です。コラーゲンへのダメージを軽減できるので、コラーゲンが減少するのを抑えることができます。また、角質層を長時間保湿してくれる「グリコシルトレハロース」が配合されているので、乾燥を防ぐことができます。
コラーゲン量アップ:△ コラーゲン防御:○ 角質層保湿:○

ほうれい線に効く美容液で一番おすすめしたいのはこちら!

ほうれい線対策に最適なのは「アヤナス」です!
コラーゲン生成をサポートする独自成分配合
⇒ コラーゲンの生成をサポートしてくれる独自成分「CVアルギネート」を配合しています。また、コラーゲンを作る細胞を活性化してくれる「Gヘスペリジン」も配合しているので、肌のコラーゲン量をしっかりと増やすことができ、ほうれい線を目立たなくしてくれます。
コラーゲンへのダメージを軽減する成分を配合
⇒ 肌のバリア機能を高めてくれる「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、外的刺激からコラーゲンを守ることができます。また、炎症を抑える「コウキエキス」が配合されているので、炎症を起こしてコラーゲンにダメージが伝わるのを軽減してくれます。
角質層を長時間保湿してくれる
⇒ 角質層に潤いを与えてくれる「アミノコンプレックス」と「セラミドナノスフィア」が配合されているので、角質層を長時間保湿し続けることができます。乾燥を防ぐことで小じわができにくくなります。

CVアルギネートでコラーゲン量を圧倒的に高められるのは「アヤナス」だけ!